木の椅子と無垢ダイニングテーブル|デザインチェアの専門店|丸徳家具

無垢材椅子|デザイナーズチェア

一脚一脚に心を込めて

本当の座り心地を知ってください。

Craftsman furniture shop

ダイニングテーブル| 無垢テーブル|椅子(チェア)無垢材家具|商品カテゴリ

椅 子

スツール・ベンチ

ソファー

ダイニングテーブル

ダイニングテーブル| 無垢テーブル|椅子(チェア)無垢材家具|商品カテゴリ

ダイニングテーブル| 無垢テーブル|椅子(チェア)無垢材家具|お客さまへの納品例|丸徳家具

丸徳家具スタッフブログ

村澤一晃と丸徳家具のデザイナーズコラム

デザイナーズコラム

デザインの裏話!普段聞けない
貴重な話が飛び交う

ダイニングテーブル・デザイナーズチェアの丸徳家具営業日カレンダー

2016年7月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2016年8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

※赤字は休業日です

Designers Chair

Chair

LUNAチェア

LUNAチェア

丸棒を生かしたフレームと丸い座面が合わさり、シンプルな中にかわいらしさを持つチェアです。張りの座面は、見せ方やふくらみなどこだわりのある座面にデザインされ、チェア全体のバランスが良く美しく見どころの多いチェアです。 フレームは数種類の木の材種からお選びいただけます。
アップライト ベビーシート セット

アップライト ベビーシート セット

通常のアップライトに生後7ヶ月頃から身長90㎝まで使うベビーシートをセットにした子供椅子。座面ウラのネジグリップをゆるめると、ガードが前後にスライドするので乗り降りもラクラクです。
アップライト チェア

アップライト チェア

良い姿勢は成長や健康のためにとっても大切なことです。子供椅子にとって良い姿勢のポイントは座面と足台、そして背もたれです。そのため身体への負担を最小限に抑えながら、良い姿勢の十分なサポートができるように考えられた子供椅子です。
RIN チェア

RIN チェア

北海道在住で木工家のクラフトマンと、北海道の小さな町の木工所の機械力と職人力とを組み合わせ、知恵と技術力によって生まれたチェアです。
LOG チェア

LOG チェア

北海道在住で木工家のクラフトマンと、北海道の小さな町の木工所の機械力と職人力とを組み合わせ、知恵と技術力によって生まれたチェアです。 2枚の板を縦に並べアームと共に大胆にデザインされデザインに特徴のあるチェアです。
LEN チェア

LEN チェア

北海道在住で木工家のクラフトマンと、北海道の小さな町の木工所の機械力と職人力とを組み合わせ、知恵と技術力によって生まれたチェアです。 背もたれから後脚につながる一連のラインは大胆なカーブが綺麗につながり、触っても気持ち良い丸みのフレームにアクセントが加わっています。
Haku チェア

Haku チェア

一見シンプルなデザインのチェアの中に独自のフォルムが多くみられ、飽きのこない上品なデザインです。その理由は高度な技術と丁寧な造りがシンプルなデザインの椅子の中でも何か違うと思わせる所でしょう。フレームは数種類の木の材種からお選びいただけます。うっすらとした木目を持つ[ブナ]、色白に木目がはっきりと見える[ホワイトアッシュ]、上品な白さと木肌を持つ[メープル]、使い込めば艶やかな飴色と変化する[ブラックチェリー]、ときには力強くときには美しく流れる木目を持つ[ナラ]、高級感ある色合いとなめらかな木肌の[ウォールナット]など。木のフレームに合わせる座面には椅子を制作する宮崎椅子製作所がセレクトしたファブリックに加え、当店スタッフが選んだプレミアムファブリックからセレクトできます。
U チェア

U チェア

背もたれのUの字が肘置きにもなり、真横から見たスタイルは後足の角度と合わさりとても綺麗です。軽く肘を置けるスタイルですが横からの立ち座りがしやすく機能的です。 座って分かるのですが、座った時に丁度良い高さで自然と肘が置けるのが良いですね。 テーブル下への収納は、背もたれの丸い部分が半円形の状態でテーブルから出ている状態がテーブルの面と合わさってとても綺麗に見え、お部屋の雰囲気が凛とします。
UU チェア

UU チェア

脚から背まで伸びる角材、この見た目に硬くなりがちなところをUの字に丸くなった背もたれで柔らかな味わいが表現され、実にバランスの取れたデザインです。 特に斜め後ろから見た脚と背もたれ、またそれらの角度のバランスは絶妙です。 背もたれ部分が細く、フィット感を心配される方もいますが、実際座れば、ほとんど違和感なく座ることができると思います。また前脚にかけての部分が肘置きとなりゆったりとした座り心地です。 テーブル下への収納は、背もたれの丸い部分が半円形の状態でテーブルから出ている状態がテーブルの面と合わさってとても綺麗に見え、お部屋の雰囲気が凛とします。
hata チェア

hata チェア

DESIGN:吉永 圭史 【デザイナーさんよりhataチェアの誕生秘話をお聞きしました】 hataは特に女性に焦点を当てた椅子で、コンセプトは「小ぶりで美しいアームチェア」です。この「小ぶり」と「美しい」について、二つの理由があります。 まず「小ぶり」についてですが、家庭、特にダイニングの主役は女性(奥さん)だと思っています。一般的なアームチェアは、女性が座るには大きく、座った時に、なんだかブカブカの衣服を着ているようで違和感を感じる椅子も多く、またアームチェアは権威的な性格も持ち合わせていて、とかく威張った印象になりがちだとも思います。そんなアームチェアたちが日本の住空間の食卓にきゅうきゅうと押し込められて窮屈そうにしているさまが、滑稽に見えてなりませんでした。そんな印象を払拭したいと思い、敢えて「小ぶり」ということにこだわってみました。 次に「美しい」ですが、これはまったく僕のひとりよがりの主観なのですが、美しいということは、「つましさ」だったり、場に於いて「調和のとれたさま」だと思っています。 hataは食卓椅子ですので、家族で食卓を囲む時間は一日のうち数時間、テーブルと一緒に並んで居る時間のほうがずっと長いわけですから、その場における佇まいを考えるとこれくらいのスケール感が良いし、「食卓椅子は、食事の時の正しい姿勢を保持し、あとは楚々として在ればよし!」という風に考えています。 この様な考えの中でhataが生まれました
No.42 チェア

No.42 チェア

デンマークの家具デザイナー カイ・クリスチャンセン氏と正式契約を結び、日本の技術力により復刻されました。 エッジの効いたハーフアームとそこから斜めに伸びる後ろ脚の綺麗なフォルムがこのチェアの特徴です。ハーフアームの高さが肘を置くのに丁度良く、そしてわずかに動く背もたれによって背中の角度にフィットしてとても心地よく座ることができます。少し高めの座面高ですので20ミリ位脚をカットし低くすると日本人には使いやすいかもしれません。
pepeアームチェア

pepeアームチェア

このチェアには四角と丸が融合していて、脚先では丸い断面が、写真では分かりにくいのですが徐々にアームの部分では丸みのある四角になっています。アーム部分を丸みのある四角にすることでアームに少しだけ平らな面が現れます。 この平らな面によって、肘を置いた時に腕に接する部分が面で当たり、気持ちよく感じます。この肘の高さは、一番高い所が背もたれ部分で、徐々に前脚にかけて少し低くなります。このアームの四角から再び背の部分で丸に戻り、柔らかい印象になっております。 pepeとは、胡椒という意味で、胡椒のように随所に隠し味的な隠し技術が効いて、座り心地もとことん考えた完成度の高い一脚ではないでしょうか。座ってみればきっとこのチェアの持つ安らぎ感が分かると思います。 pepeチェアは通常の座面に加えオプションでクッション材を10ミリ厚く加えた「厚座仕様」がお選び頂けます。厚座仕様になるとクッション性が増します。布座1,080円up、RIO・革2,160円up オイルレザー3,240円up ご希望の方はオプション欄に「厚座仕様」と記入をお願いします。
pepeラウンジ背布張り

pepeラウンジ背布張り

pepeチェアのラウンジタイプに背板を布張りしたスタイルです。布張りした背板の下を丸く伸ばした大きな背もたれのデザインで、肘置きにも肘が置きやすいように広めにデザインされています。 フレームは数種類の木の材種からお選びいただけます。うっすらとした木目を持つ[ブナ]、色白に木目がはっきりと見える[ホワイトアッシュ]、上品な白さと木肌を持つ[メープル]、使い込めば艶やかな飴色と変化する[ブラックチェリー]、ときには力強くときには美しく流れる木目を持つ[ナラ]、高級感ある色合いとなめらかな木肌の[ウォールナット]など。木のフレームに合わせる座面には椅子を制作する宮崎椅子製作所がセレクトしたファブリックに加え、当店スタッフが選んだプレミアムファブリックからセレクトできます。
bo チェア

bo チェア

背の丸棒のスポークを囲むフレームには、さりげないねじれがついています。このねじれのおかげで椅子がやわらかく表現されていて、丸い座面と合わさり可愛いくもあり綺麗な椅子です。 数種類の木の材種からお選びいただけます。うっすらとした木目を持つ[ブナ]、色白に木目がはっきりと見える[ホワイトアッシュ]、上品な白さと木肌を持つ[メープル]、使い込めば艶やかな飴色と変化する[ブラックチェリー]、ときには力強くときには美しく流れる木目を持つ[ナラ]、高級感ある色合いとなめらかな木肌の[ウォールナット]など。
pepeサイドチェア

pepeサイドチェア

このチェアには四角と丸が融合していて、脚先では丸い断面が写真では分かりにくいのですが、背から前脚にかけて斜めに下がった部分では丸みのある四角になっています。この部分が丸みのある四角になっていることで、立ち座りの時などに握った時に丸よりも滑りにくくしっかりと握ることが出来ます。また斜めの部分も肘置きになり、気持ちよく感じます。この斜めになった四角に部分から再び背の部分で丸に戻り、柔らかい印象になっております。 pepeとは、胡椒という意味で、胡椒のように随所に隠し味的な隠し技術が効いて、座り心地もとことん考えた完成度の高い一脚ではないでしょうか。座ってみればきっとこのチェアの持つ安らぎ感が分かると思います。 pepeチェアは通常の座面に加えオプションでクッション材を10ミリ厚く加えた「厚座仕様」がお選び頂けます。厚座仕様になるとクッション性が増します。布座1,080円up、RIO・革2,160円up オイルレザー3,240円up ご希望の方はオプション欄に「厚座仕様」と記入をお願いします。
pepeラウンジチェア

pepeラウンジチェア

pepeシーリズのラウンジチェアです。少し座面を低くし角度をつけてゆったりとした感覚で、横に小振りのサイドテーブルなどを置きくつろいでもらうチェアです。座った時の背もたれの感触もデザイナーが特にこだわりわりました。肘置き部分もフィット感良くバランスの取れたチェアです。このチェアに座ってコーヒーを飲んだり、本を読んだり、きっとくつろぎの時間のお手伝いをしてくれますよ。
4110 チェア

4110 チェア

デンマークの家具デザイナー カイ・クリスチャンセン氏と宮崎椅子製作所とのワークショップにより発表されたチェアです。 後足上部から背もたれへの繋がりは絶妙。無駄な装飾を省いたシンプルなデザインですが背もたれの接合部の曲線美には感動します。 シンプルなデザインの中にこだわりを求めたい方など、スマートなセッティングを希望される方にはオススメです。
PECORA チェア

PECORA チェア

フレームのサイドに羊の角のようにクルンと曲がったアームがとても印象的です。アームを含めチェア全体に丸みのある面形状に仕上げられ、フレームのどこを触っても気持ち良くやさしい印象があります。
kuku チェア

kuku チェア

木製では珍しいカンチレバー(片持ち梁)構造のチェアで、くの字型のパーツをフィンガージョイントなど加工精度を高め強度を追求し組合せて構成したフレームです。 座ってみると、ほんの少しだけ小ぶりな横幅のサイズが包み込まれたかのようで、背もたれのクッションと合わさり、心地良い座り心地です。 表面の平らな面に対してアームの裏などは丸面になっているので、持った時の手触りが気持ちよく、見た目にも柔らかさを与えてくれます。 こんな椅子できないかなと投げかけたデザインに、技術で受け止めた素晴らしい一脚です。 木部の樹種と座面と背の張り地の組合せで、お好みの雰囲気のの部屋づくりが楽しめますよ。
kuku muku チェア

kuku muku チェア

木製では珍しいカンチレバー(片持ち梁)構造のチェアで、くの字型のパーツをフィンガージョイントなど加工精度を高め強度を追求し組合せて構成したフレームです。 座ってみると、ほんの少しだけ小ぶりな横幅のサイズが包み込まれたかのようで、無垢板の背もたれの丸みと合わさり、心地良い座り心地です。 表面の平らな面に対してアームの裏などは丸面になっているので、持った時の手触りが気持ちよく、見た目にも柔らかさを与えてくれます。 こんな椅子できないかなと投げかけたデザインに、技術で受け止めた素晴らしい一脚です。 テーブルと合わせた時の後ろ姿は、部屋全体が引き締まった雰囲気を与えてくれるでしょう。
Pocket チェア

Pocket チェア

ポケットのようなかわいらしい丸い座面が特徴でコンパクトな設計です。座ると見た目以上にゆったりとお尻を受けとめ背もたれの程良い大きさによって、身体をしっかり受けとめてくれます。 見た目はシンプルですが、全体のデザインバランスを崩さないように見えない所に職人の技術が存分に注ぎ込まれています。 もちろんコンパクトなチェアだからと言って、座り心地には妥協はありません。
rib チェア

rib チェア

背を支える柱は、三角形から台形へと連続的に変化する断面形状は十分な強度を保ちながら、繊細なラインも表現されています。背の4本のスポークと背もたれのカーブによって包み込まれる様な心地よさを感じることができます。座面横や脚などの見落としがちな所の断面形状にもこだわりが見られ、全体のデザインに統一感があります。 どこかクラシカルな印象と現代的な表情が同居しているデザインは、なんとなく懐かしくもあり落ち着きます。
R+R チェア

R+R チェア

ありそうでなかったシンプルなデザインだが無駄が無く、一見すると直線的でミニマルだが、絶妙なカーブやさまざまなRがディテールにそなわり、おとなしいデザインの中に豊かな表情を持つ。 実にコンパクトなデザインで場所を取らず、多くの場面で活躍できるチェアです。 少し硬めの座面も板座の感覚で座って頂けます。 コンパクトな中に凝縮されたさまざまなRをお楽しみください。
ottimo チェア

ottimo チェア

ぐるりと回った丸い断面をしたスマートな脚と肘のフォルムは個性的で美しく、背もたれの曲線も脚や肘のラインにマッチしたバランスのとれたチェアです。 一見すると強度的に弱いような印象を与えますが、両手の指を組み合わせたような形をしたフィンガージョイントを接合部に使うことで、チェアとして必要な十分な強度をもっています。 ちょっと広めの座面とほんの少し湾曲したアームでゆったりとして気持ち良い座り心地を体感して頂けることでしょう。
KAKI no ISU背前布張

KAKI no ISU背前布張

DESIGN:古田 恵介 脚から座面を支えるフレームそして背板まで延びる柱といった所まで、楕円形した断面で構成されています。そして背板まで延びる柱を湾曲させ、背もたれの丸みを帯びた形状と組み合わされ、全体のフレームに柔らかさと可愛らしさを持ったチェアです。小ぶりなサイズですが、座り心地にもこだわりまとまりの良いチェアで、後ろ姿は特に可愛く愛嬌があります。お部屋全体を和やかな感じにしてくれるでしょう。
HUG チェア

HUG チェア

北海道在住で木工家のクラフトマンと、北海道の小さな町の木工所の機械力と職人力とを組み合わせ、知恵と技術力によって生まれたチェアです。斜めに伸びる後脚と、それにつながる薄くて大きく曲げられた背もたれの組合せは美しく横から見てとても印象的なスタイルです。フレームは4種類の木の材種からお選びいただけます。ときには力強くときには美しく流れる木目を持つ[ナラ]、上品な白さと木肌を持つ[メープル]、使い込めば艶やかな飴色と変化する[ブラックチェリー]、高級感ある色合いとなめらかな木肌の[ウォールナット]。座面の張地との組み合わせをお楽しみください。 テーブルの高さは69センチ~71センチ位の高さで使いやすい椅子です。
KAKI no ISU背無垢

KAKI no ISU背無垢

DESIGN:古田 恵介 脚から座面を支えるフレームそして背板まで延びる柱といった所まで、楕円形した断面で構成されています。そして背板まで延びる柱を湾曲させ、背もたれの丸みを帯びた形状と組み合わされ、全体のフレームに柔らかさと可愛らしさを持ったチェアです。小ぶりなサイズですが、座り心地にもこだわりまとまりの良いチェアで、後ろ姿は特に可愛く愛嬌があります。お部屋全体を和やかな感じにしてくれるでしょう。
HUG 板座

HUG 板座

北海道在住で木工家のクラフトマンと、北海道の小さな町の木工所の機械力と職人力とを組み合わせ、知恵と技術力によって生まれたチェアです。斜めに伸びる後脚と、それにつながる薄くて大きく曲げられた背もたれの組合せは美しく横から見てとても印象的なスタイルです。フレームは4種類の木の材種からお選びいただけます。ときには力強くときには美しく流れる木目を持つ[ナラ]、上品な白さと木肌を持つ[メープル]、使い込めば艶やかな飴色と変化する[ブラックチェリー]、高級感ある色合いとなめらかな木肌の[ウォールナット] テーブルの高さは69センチ~71センチ位の高さで使いやすい椅子です。
MAG チェア

MAG チェア

北海道在住で木工家のクラフトマンと、北海道の小さな町の木工所の機械力と職人力とを組み合わせ、知恵と技術力によって生まれたチェアです。 背もたれから後脚につながる一連のラインは、直線と大胆なカーブが綺麗につながりシンプルな四角の断面をもつフレームにアクセントが加わっています。 フレームは4種類の木の材種からお選びいただけます。ときには力強くときには美しく流れる木目を持つ[ナラ]、上品な白さと木肌を持つ[メープル]、使い込めば艶やかな飴色と変化する[ブラックチェリー]、高級感ある色合いとなめらかな木肌の[ウォールナット]座面の張地との組み合わせをお楽しみください。 テーブルの高さは69センチ~71センチ位の高さで使いやすい椅子です。
hozuki チェア

hozuki チェア

DESIGN:吉永 圭史 座面の丸三角形に三本脚のコンパクトなチェアです。座面の形がほおずきの実に見える事からhozukiチェアと名がつけられました。
MAG 板座

MAG 板座

北海道在住で木工家のクラフトマンと、北海道の小さな町の木工所の機械力と職人力とを組み合わせ、知恵と技術力によって生まれたチェアです。 背もたれから後脚につながる一連のラインは、直線と大胆なカーブが綺麗につながりシンプルな四角の断面をもつフレームにアクセントが加わっています。フレームは4種類の木の材種からお選びいただけます。ときには力強くときには美しく流れる木目を持つ[ナラ]、上品な白さと木肌を持つ[メープル]、使い込めば艶やかな飴色と変化する[ブラックチェリー]、高級感ある色合いとなめらかな木肌の[ウォールナット]座面の張地との組み合わせをお楽しみください。 テーブルの高さは69センチ~71センチ位の高さで使いやすい椅子です。
GINAチェア

GINAチェア

どの部分を切っても同じ断面が存在しない連続したラインの変化があります。座と背は一体成型の合板で、適度な弾力があり良い座り心地となっています。面の広いアームですので、ゆったりと安定して肘を置くことができます。 張り地面積が大きいためファブリックにより印象が変ります。お部屋のお好みの雰囲気に合わせてファブリックをお選び下さい。
ENNEサイドチェア

ENNEサイドチェア

ENNEとはイタリア語で『N』という意味で、軽快なフォルムの中に両手のフィンガージョイント指を組み合わせた形をしたフィンガージョイントを接合部に使い、Nのトラス構造にすることで抜群の強度を持ったチェアになりました。 スタッキングが可能で、ご家庭ではもちろん店舗や公共の場でも使いやすいチェアです。 一連した流れの脚が、あなたのお部屋など多くの場面を引き立たせます。
est wood チェア

est wood チェア

後脚から背柱まで一本の木を削り込み三次曲線を生み出すこのチェア。後脚の曲線のラインは、職人により一本一本丁寧に作り、各所に職人技を十分に生かした一脚です。 背もたれの曲げ具合と角度が背中にフィットしてとても気持ち良くゆったりと座れます。 肘置きのアームも程良い高さと面積でひじを置いて心地よく感じます。 テーブルとセットした時の後ろ姿は、特徴の後脚が綺麗に見えダイニングスペースを引き立たせるでしょう。
リモーネチェア

リモーネチェア

背もたれから延びる後脚に独自の特徴を持つこのチェアは、新しいデザインの中に懐かしさを感じさせてくれます。背板は写真では分かりませんが、背中により気持ちよくフィットさせるために場所により削り込み方を変えています。これは職人が一脚一脚削り込むことで完成します。 手の延長線のような単純な機械と職人の手によって仕上げられるこのチェアは、職人の温もりを感じます。
SC3A クラウンチェア

SC3A クラウンチェア

丸脚に柔らかさと安定感を兼ね備えたチェアです。削り込みされた板座の座面も座った時の安定感と柔らかさを与えてくれます。背もたれの丸みが背中に軽くフィットし心地よさを演出してくれます。 板座は重いという印象が多いですが、このチェアは軽く仕上がっています。それは丁寧に作り込むことで強度を出すことができ、余計な部材を減らせるからだと思います。背のスポークがお部屋の中でクラフト感を与え、木のぬくもりと柔らかさを演出してくれるでしょう。
SC3K キャプテンチェア

SC3K キャプテンチェア

ウォールナットとオークの組合せが良いバランスで配置され、丸脚に柔らかさと安定感を兼ね備えたチェアです。削り込みされた板座の座面も座った時の安定感と柔らかさを与えてくれます。背もたれの丸みが背中に軽くフィットし心地よさを演出してくれます。 板座は重いという印象が多いですが、このチェアは軽く仕上がっています。それは丁寧に作り込むことで強度を出すことができ、余計な部材を減らせるからだと思います。背のスポークがお部屋の中でクラフト感を与え、木のぬくもりと柔らかさを演出してくれるでしょう。
SC4Aサイドチェア

SC4Aサイドチェア

丸脚に柔らかさと安定感を兼ね備えたチェアです。削り込みされた板座の座面も座った時の安定感と柔らかさを与えてくれます。背のスポークと背もたれの丸みが背中に軽くフィットし心地よさを演出してくれます。 板座は重いという印象が多いですが、このチェアは軽く仕上がっています。それは丁寧に作り込むことで強度を出すことができ、余計な部材を減らせるからだと思います。 背のスポークがお部屋の中でクラフト感を与え、クラフト感あふれるデザインがお部屋をすっきり見せてくれるでしょう。
SC4Kサイドチェア

SC4Kサイドチェア

ウォールナットとオークの組合せが良いバランスで配置され、丸脚に柔らかさと安定感を兼ね備えたチェアです。削り込みされた板座の座面も座った時の安定感と柔らかさを与えてくれます。背のスポークと背もたれの丸みが背中に軽くフィットし心地よさを演出してくれます。 板座は重いという印象が多いですが、このチェアは軽く仕上がっています。それは丁寧に作り込むことで強度を出すことができ、余計な部材を減らせるからだと思います。 背のスポークがお部屋の中でクラフト感を与え、クラフト感あふれるデザインがお部屋をすっきり見せてくれるでしょう。
512 チェア

512 チェア

丸脚に柔らかさと安定感を兼ね備えたチェアです。削り込みされた板座の座面も座った時の安定感と柔らかさを与えてくれます。高く延びた背のスポークと背もたれの丸みが背中に軽くフィットし心地よさを演出してくれます。 板座は重いという印象が多いですが、このチェアは軽く仕上がっています。それは丁寧に作り込むことで強度を出すことができ、余計な部材を減らせるからだと思います。 背のスポークがお部屋の中でクラフト感を与え、クラフト感あふれるデザインがお部屋をすっきり見せてくれるでしょう。
552 チェア

552 チェア

丸脚に柔らかさと安定感を兼ね備えたチェアです。削り込みされた板座の座面も座った時の安定感と柔らかさを与えてくれます。背に大きく曲げた丸棒が程良い高さで背中に当たり、肘を置くにも丁度良い高さになっていて心地よく座れます。 板座は重いという印象が多いですが、このチェアは移動にも苦にならない重さです。それは丁寧に作り込むことで強度を出すことができ、余計な部材を減らせるからだと思います。 背のスポークがお部屋の中でクラフト感を与え、クラフト感あふれるデザインがお部屋をすっきり見せてくれるでしょう。
カマチチェア

カマチチェア

DESIGN:加藤 将 タモ材の柔らかな木目が伝統的な和を感じさせながら、新しいモダンな和を演出します。座面を少し彫り込みすることで、座った時の滑りを抑える事もできフィット感も良いチェアです。和からモダンまで合わせるテーブルのデザインによって幅広く楽しめるチェアです。使い込むごとにタモ材の柔らかい木目が際立ち、木の温かさを感じ取れるチェアとなってゆくでしょう。
カマチ アームチェア

カマチ アームチェア

DESIGN:加藤 将 タモ材の柔らかな木目が伝統的な和を感じさせながら、新しいモダンな和を演出します。座面を少し彫り込みすることで、座った時の滑りを抑える事もできフィット感も良いチェアです。アームによってゆったりとした感覚で座ることができ、和からモダンまで合わせるテーブルのデザインによって幅広く楽しめるチェアです。使い込むごとにタモ材の柔らかい木目が際立ち、木の温かさを感じ取れるチェアとなってゆくでしょう。
ノースチェア

ノースチェア

全体に丸みを帯びたフォルムからが特徴で、細身に仕上げたことで軽快感あふれ柔らかな印象を与えるチェアです。張り込まれた大きなカーブの背もたれは面積も広く、ゆったりと身体を受け止めてくれて、爽快な座り心地です。背もたれの張り地の選択でお部屋の雰囲気も変わり、お好みの雰囲気づくりに役立つでしょう。
ノース アームチェア

ノース アームチェア

全体に丸みを帯びたフォルムからが特徴で、細身に仕上げたことで軽快感あふれ柔らかな印象を与えるチェアです。張り込まれた大きなカーブの背もたれは面積も広く、ゆったりと身体を受け止めてくれます。アームの肘置きによってゆったりとした感覚で爽快な座り心地です。背もたれの張り地の選択でお部屋の雰囲気も変わり、お好みの雰囲気づくりに役立つでしょう。
ムカイチェア

ムカイチェア

角面で統一された細身のフォルム、シャープでモダンなイメージを感じさせます。背もたれには無垢材を曲げ加工することで、程良い柔らかさを感じる感覚です。コンパクトでシンプルなスタイルのチェアですので、お部屋の中に溶け込んでくれるでしょう。ダイニングチェアとしてだけではなく、多くの場所で使い易いチェアです。
ムカイ アームチェア

ムカイ アームチェア

角面で統一された細身のフォルム、シャープでモダンなイメージを感じさせます。背もたれには無垢材を曲げ加工することで、程良い柔らかさを感じる感覚です。アーム付のため横幅に余裕があり、肘を置くことでゆったりとした座り心地が感じられます。シンプルなスタイルのチェアですので、すぐにお部屋の中に溶け込んでくれるでしょう。
プラムチェア

プラムチェア

コンパクトでシンプルでキュートなチェア。小振りですが、厚みのある座と曲げ木の背板が、ヒッタリと身体にフィットして、座り心地の良さを体感出来ます。柔らかなアールが優しさを醸し出しているフォルムも魅力です。 ダイニングのみならず、お部屋のアチコチに置いて使いたい、カジュアルチェアーです。
R+Rカウンター チェア

R+Rカウンター チェア

グッドデザイン賞を受賞したR+Rチェアのカウンター用として座高を高く設計。シンプルなデザインだが無駄が無く、一見すると直線的でミニマルだが、絶妙なカーブやさまざまなRがディテールにそなわり、おとなしいデザインの中に豊かな表情を持つ。少し硬めの座面も板座の感覚で座って頂けます。 カウンターの高さに合わせて、脚を20センチまでカットが可能です。フレームの木部は8種類の材種から選べますが、いずれの材種でも、足掛けの材料はウォールナット材となります。 うしろ姿がとても綺麗なカウンターチェアです。コンパクトな中に凝縮されたさまざまなRをお楽しみください。

Designers Chair

こちらのマークについて

このマークはグットデザイン賞を受賞した商品を事実に基づき
お客様に解りやすくご提案する為の丸徳家具オリジナルのマークになります